第3世代「iPhone SE」まもなく試作へ、カメラ刷新でiPhone 13と同じA15 Bionic搭載か



製品化、大量生産に向けた動きが本格化しつつあります。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleがまもなく第3世代iPhone SEの試作を開始することを業界関係者が明かしたそうです。

これは2022年3月ごろとみられる製品化に向けた微調整などを行うためのもの。

4.7インチHD液晶や物理的なホームボタンを備えるなど、基本的に現行モデルを踏襲するとみられていますが、新たに夜景モードを搭載すべくカメラセンサーが刷新されるとしています。

また、iPhone 13と同じA15 Bionicおよび4GBメモリ(現行モデルは3GB)を備える可能性があるとのこと。

実現すれば廉価版でありながら同じ価格帯のAndroidスマホに性能面で圧倒的な差を付けることになりそうです。

・関連記事
第3世代「iPhone SE」は実質3万円から、Androidからの一挙乗り換えを狙った本気のキラーモデルに | Buzzap!

複数の新型「iPhone SE」2年連続で発売か、大画面モデルもラインナップ | Buzzap!

ついに「iPhone 6 Plus(2014年発売)」サポート打ち切り、iPhone 6はまさかの継続 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング