ついに「iPhone 6 Plus(2014年発売)」サポート打ち切り、iPhone 6はまさかの継続



Apple初の大画面iPhoneのサポートが打ち切られることになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleが2021年12月いっぱいで「iPhone 6 Plus」の保証を打ち切るそうです。

これはAppleが製造を中止して5年以上7年未満が経過した「ビンテージ製品」に該当することを受けたもの。

引き続きApple StoreやApple認定サービスプロバイダーで修理を受けられるものの、部品の在庫状況次第となるほか、7年経過後は「オブリソート製品」扱いとなり、いかなるサポートも受けられなくなります。

一方、同じタイミングで発売された「iPhone 6」は2018年まで販売されたため、引き続き修理などのサービスを受けられます。


2019年に公開された「iOS 13」のアップデート対象から外れるなど、ソフトウェア面でのサポートは終了しているiPhone 6シリーズ。

それでも「2014年発売のスマホが今なお修理できる」というのは、驚くべきことではないでしょうか。

・関連記事
【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」 | Buzzap!

「iPhone SE Plus」投入か、SEに続く廉価版投入で格安iPhoneに選択肢 | Buzzap!

iPhone 12とiPhone 12 Pro音声通話に不具合で無償修理へ、ただし有償となる場合も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング