ついに「SIMカード」廃止へ?iPhone 15 Proはスロット非搭載か



国内では第3世代携帯電話(3G)から普及が始まった「SIMカード」。

携帯各社が3Gサービス終了に向けて動く中、その役目を終える日が見えてきたかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleが2023年発売の「iPhone 15 Pro」において物理SIMカードスロットを廃止する可能性があるそうです。

これは「eSIM」への完全シフトによるもので、iPhone 13が物理SIMとデュアルeSIMで構成されているのに対し、iPhone 15 ProはデュアルeSIMのみになるとのこと。

いかんせん1年以上先にリリースされるモデルのため、「本当にeSIMに完全シフトするのか」「Pro以外のモデルはどうなるのか」など気になる点が多数ある今回の話。

しかしeSIMへの完全シフトが進めば、発行や発送に時間がかかる、ピンを使った差し替え作業が面倒……といった物理SIMカードならではの問題点が解消され、必要に応じていつでもどこでもすぐさま携帯電話回線を契約できるようになるメリットがあります。

また、スマホシェア上位のAppleがそのような施策を進めれば、メーカー各社も追従するとみられるため、実現すれば目に見える形でのSIMカード廃止に向けた大きな一歩となりそうです。

・関連記事
第3世代「iPhone SE」は実質3万円から、Androidからの一挙乗り換えを狙った本気のキラーモデルに | Buzzap!

「iPhone 15」に高性能な本格望遠カメラ搭載か、iPhone 14 Proには4800万画素カメラも | Buzzap!

複数の新型「iPhone SE」2年連続で発売か、大画面モデルもラインナップ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング