「Xperia 5 IV」はSnapdragon 8 Gen 1+採用か、Xperia 1 IVを上回る性能の可能性も



コンパクトモデルにもかかわらず、通常モデルを上回る処理能力を実現してしまうかもしれません。以下から。

海外メディアの報道によると、新型スマホ「Xperia 5 IV」の詳細が業界関係者とみられる人物によって明かされたそうです。

Xperia 5 IVはXperia 5 IIIと同じ6.1インチディスプレイを備えたコンパクトモデルになる見通しで、前面・背面両方に「Gorilla GlassVictus」を採用するため、重さが180グラムになるとのこと。

さらに背面カメラはすべて1200万画素で、メインカメラに「IMX557」、3.3倍と4.4倍の切り替えができる望遠カメラに「IMX663」、広角カメラに「IMX363」を採用するとされています。

また、Xperia 5 IVは同社初となるTSMC製の「Snapdragon 8 Gen 1+」を採用する見通し。

Xperia 1 IIIとXperia 5 IIIは同じSnapdragon 888を採用していましたが、もしXperia 1 IVがSnapdragon 8 Gen 1を採用するのであれば、Xperia 5 IVの方が高性能ということになります。

・関連記事
ソフトバンクが「Xperia 5 III」いきなり1円で投げ売り、ソニー渾身の高性能コンパクトスマホ(14万円)回線契約なしでも大幅割引 | Buzzap!

「Snapdragon 8 Gen 1+」にも熱問題か、TSMC製造でも消費電力や発熱を抑えられず | Buzzap!

「Snapdragon 8 Gen 1」スマホも発熱が問題に、解決はGen 3(2024年)か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう