発熱や消費電力を抑えた「Snapdragon 7 Gen 1」まもなく登場か、高性能な格安スマホを実現する「Dimensity 8100」に対抗へ



最上位プロセッサの名前を従来のSnapdragon 8XXから「Snapdragon 8 Gen 1」へと改めたクアルコム。

「製造時の不良品率が65%」「発熱が大きすぎる」などの欠点があることから、同社は「Snapdragon 8 Gen 1+」への移行を速やかに進めるべく舵を切っていますが、より実用性を求めるユーザーに向けたモデルも開発しているようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、クアルコムが「Snapdragon 7 Gen 1」と呼ばれる新たなプロセッサを早ければ5月にも発表する見通しだそうです。

Snapdragon 7 Gen 1は高い性能を実現するために消費電力や発熱が大きくなるSnapdragon 8 Gen 1と異なり、エネルギー効率やワイヤレス接続のパフォーマンスを向上させたものになるとのこと。

業界関係者はSnapdragon 7 Gen 1について、CPUにARMの「Cortex-A710(2.36GHz、4コア)」「Cortex-A510(1.8GHz、4コア)」、GPUには「Adreno 662」を採用したものになるとしています。

なお、処理能力自体はそこまで高くなく、Xiaomiの高性能な格安スマホ「POCO F3」などに採用されている「Snapdragon 870」を超える可能性は低いとされているため、高性能な格安スマホを実現するMedaTekの「Dimensity 8100」に対抗したものとなるようです。

・関連記事
不良品率65%のサムスン製「Snapdragon 8 Gen 1」類を見ない短命に、Snapdragon 8 Gen 1 Plusに置き換えへ | Buzzap!

【悲報】Galaxy S22、独自開発の「Exynos 2200」搭載も一世代前のSnapdragon 888にCPU性能で負ける | Buzzap!

「Xperia 5 IV」はSnapdragon 8 Gen 1+採用か、Xperia 1 IVを上回る性能の可能性も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  2. 【速報】8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  3. 【速報】8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  4. 【速報】格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  5. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に

モバイルに関連した楽天商品ランキング