ahamo普及でドコモショップ700店閉店へ、全体の3割減でauやソフトバンクも追従か



携帯各社のショップが過去のものとなりつつあります。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、NTTドコモが2025年度までに「ドコモショップ」を約700店閉鎖する方針を固めたそうです。これは全国で展開している約2300店の3割に相当する数字。

背景としてドコモが2021年3月にネット上で契約が完結する格安プラン「ahamo」を導入したところ、ドコモショップへの来店客が約3割減少したことが挙げられており、auやソフトバンクが追従する可能性にも言及されています。

また、スマホの販売台数が頭打ちになっていることや買い換えサイクルの長期化も来店客が減少する一因に。

「Galaxy S22 Ultra」「Xperia 1 IV」といったハイエンドスマホが20万円近くで販売されるなど、スマホ本体が高価格化していることや高性能化が十分に進んだこと、OSやセキュリティアップデートの期間が長くなったことなども影響しているとみられます。

・関連記事
日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | Buzzap!

【悲報】Buzzap!のドコモショップ来店予約記事、ITmedia Mobileが事実と異なる解説をしてしまう | Buzzap!

【独自】「解約」を選ぶと満員表示に、ドコモショップの来店予約制から垣間見えた闇 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現
  2. 【朗報】Xiaomi「POCO F3」大容量モデル値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」の第2世代Tensorは処理能力がほとんど向上しない可能性、競合各社に大きく後れを取る性能に
  5. 「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング