「iPhone 14」発売延期の可能性、少なくとも1機種の開発が大幅に遅れる状況に



順調に進んできたはずのiPhone 14の開発に大きな影響が出ています。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、iPhone 14シリーズ(iPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max)の開発が遅れているそうです。

これは中国で行われているロックダウンによるもの。

規制が緩和されたもののサプライチェーンへの影響は長引いており、少なくとも1機種の開発が3週間ほど遅れているほか、製造スケジュールや初期生産量に影響を与えるおそれがあるとされています。

遅れを取り戻すべく24時間体制で開発が進められている一方、依然として間に合うかどうか不透明な状況にあるとされるiPhone 14シリーズ。特定モデルのみ発売がずれ込む可能性も考えられます。

・関連記事
AppleがBOEに激怒、「iPhone 14」向け有機ELディスプレイ3000万枚の注文消滅か | Buzzap!

「iPhone 14」9月13日(日本時間9月14日)発表か、信憑性ある情報に | Buzzap!

「iPhone 14」値上げか、徹底した差別化でiPhone 14 Proのお買い得感が鮮明に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング