「折りたたみiPhone」開発中か、アップルがLGとサムスンに有機ELパネル製造を依頼



「折りたたみiPhone」や「折りたたみiPad」が実現するのでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは数年後に発売する自社製品に「ハイブリッド」有機ELパネルを採用するそうです。

ハイブリッド有機ELパネルは、有機ELパネルにガラスとプラスチックの両方を使用したもので、剛性があるのに薄く、安価に量産可能といったことが期待されています。

折りたたみスマホに使われるフレキシブル型の有機ELディスプレイパネルは、折りたたむと小さなしわができることがあるため、Appleは乗り気ではなかったとのこと。

ただフレキシブル有機ELパネルの欠点を解決さえできれば最終的に採用する可能性があるため、iPhoneにディスプレイを提供しているLGとSamsungにパネルの開発を要求。

現在、LGとSamsung Displayはハイブリッド有機ELパネルに使用できる超薄型ガラス基板の開発に着手しているそう。この基板は一般的な5mmではなく2mmという薄さで、より曲げやすいとしています。

現在開発中であり、商品化できる段階ではないため、この技術を使った製品が手元に届くのは数年後になると予想されています。

・関連記事
AppleがARヘッドセット「Reality One」「Reality Pro」を2023年春に発売か | Buzzap!

「iPhone 14」9月8日(日本時間)発表へ、Appleがイベント開催を正式告知 | Buzzap!

「折りたたみiPhone」「巻き取りiPhone」の布石か、AppleがLGと長期特許使用契約を締結 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング