「折りたたみiPhone」は自己修復ディスプレイ採用か、折り目が付きにくく高耐久に


Androidの独擅場だった市場にAppleが満を持しての参入となりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleはまだ開発段階とされる「折りたたみ式iPhone」の可能性を示唆する新しい特許を取得したそうです。

これはAppleがディスプレイの「自己修復」機能を開発していることを示すもの。

キズや小さな凹み、折り目などを回復し、折りたたみスマホの弱点の1つである柔らかい素材特有の耐久性の低さをカバーするものだとしています。

折りたたみスマホの耐久性については、Samsungの「Galaxy Z Fold 4」はフレキシブル素材をできるだけ硬くすることで傷が発生しにくい設計に。

これに対してAppleは、ディスプレイの強度を上げるのではなく、傷の影響を後から軽減する方法を選択。それにより最大限の柔軟性を保つことができ、結果的に折り目も付きにくくなるとのこと。

現在、折りたたみスマホ市場はほぼSamsungの独占状態。もしAppleが参入することになれば市場も活性化し、そのポテンシャルが最大限に発揮される可能性も大いにあります。

・関連記事
Google初の折りたたみスマホ「Pixel NotePad」2023年に延期か、低価格モデルになる可能性も | Buzzap!

「折りたたみiPhone」開発中か、アップルがLGとサムスンに有機ELパネル製造を依頼 | Buzzap!

折りたたみタブレット「Galaxy Tab Fold」ついに登場か、10インチ以上の大画面を手軽に持ち運び | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]