iPhone 15は「リバースチャージ」搭載か、本体がAirPodsやApple Watchも充電できるワイヤレス充電器に



本体をワイヤレス充電器として使える機能が、ついに新型iPhoneで実装されるかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、AppleはiPhoneの背面でリバースチャージができるようになる特許を取得したそうです。

リバースチャージはスマートフォン本体をワイヤレス充電器として使える機能。またGoogle Pixelシリーズでは「バッテリーシェア」とも呼ばれています。

この機能によりワイヤレス充電ができるだけでなく、iPhoneの背面を通して他のスマホやAirPods、Apple Watchなどにワイヤレスで送電することができるようになるとのこと。

iPhone 13、iPhone 14と採用が見込まれながらも実装されなかった機能でしたが、開発中だと判明したことでこれからの機種に搭載が期待されるとしています。

・関連記事
「物理ボタンのないiPhone」開発中か、タップとスワイプ操作のみで本体も簡素化へ | Buzzap!

「iPhone 15 Ultra」は前面デュアルカメラ採用か、自撮りが大幅進化で「Pro」とデザインの差別化も | Buzzap!

「折りたたみiPhone」は自己修復ディスプレイ採用か、折り目が付きにくく高耐久に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング