ついに「iPhone 6(2014年発売)」がサポート打ち切り、iPod nanoやiPod Shuffleも



2014年に発売された「iPhone 6」のサポートがついに終了するようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleが2022年9月をもって「iPhone 6」の保証を打ち切ったそうです。

これはAppleが製造を中止して5年以上7年未満が経過した「ビンテージ製品」に該当することを受けたもの。

引き続きApple StoreやApple認定サービスプロバイダーで修理を受けられるものの、部品の在庫状況次第となるほか、7年経過後は「オブリソート製品」扱いとなり、いかなるサポートも受けられなくなります。

また2015年発売の「iPod nano」、および「iPod Shuffle」もビンテージ製品に。2012年発売のiPod nano 7、第5世代iPod touch、および第4世代iPod Shuffleはオブリソート製品となっています。

一方、同じタイミングで発売された「iPhone 6 Plus」は去年12月をもってビンテージ製品入り。


2018年まで販売されていたものの、2019年には「iOS 13」のアップデート対象から外れるなど、ソフトウェア面でのサポートは終了しているiPhone 6シリーズ。

「2014年発売のスマホが今まで修理できていた」というのがまず驚きですが、これで2014年同時発売のiPhone 6とiPhone 6 Plusが両機種ともビンテージ製品になったことになります。

・関連記事
AppleCare+で修理が「無制限」にひっそり内容変更されていたことが判明 | Buzzap!

「スマホの店頭即時修理」ドコモショップで開始、60分で修理できてデータ移行不要、しかもバッテリー交換も格安に | Buzzap!

ついに「iPhone 6 Plus(2014年発売)」サポート打ち切り、iPhone 6はまさかの継続 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】4万円台になった「POCO F4 GT」さらに値下げ、20万円級の超高性能で美麗有機ELや高音質スピーカー搭載のゲーミング格安スマホに
  2. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 12 Turbo」正式発表、3万円台で120Hz有機ELやSnapdragon 7+ Gen 2搭載のハイエンドスマホに迫る高性能を実現
  3. iPhone 15は「初期ロット購入」一択か、光漏れ問題を抱えるBOE製ディスプレイが2次ロット以降に搭載されるおそれ
  4. 一括1円が大反響だったソフトバンク「Lenovo TAB6」が処分セール、格安5Gタブレット再来も微妙すぎる内容に
  5. ゲームを遊べる格安タブレット「Alldocube iPlay 50 Pro」登場、ほぼ2万円で8GBメモリやステレオスピーカーを備えた動画視聴やカーナビにも使える高性能SIMフリーモデルに

モバイルに関連した楽天商品ランキング