サムスンがSnapdragon製造に再参入か、3nmプロセスはTSMCとのマルチ製造になる見込み



「Snapdragon 8 Gen 1」で65%にものぼる不良品率を記録し、重要な顧客を失ったSamsung。

はたして面目躍如となるのでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、クアルコムは3nm以降のプロセスでの半導体製造でSamsungと再び手を組む可能性を示唆したそうです。

これは15日にハワイで開催された「Snapdragon Summit 2022」において、クアルコムの上級副社長兼最高マーケティング責任者ドン・マグワイア氏が記者団に発表したもの。

現在クアルコムの4nmおよび3nmプロセス採用プロセッサは、TSMCが独占製造していますが、GAA(ゲートオールアラウンド)構造と呼ばれる半導体の次世代プロセスにおいては、今後複数のファウンドリを使用する計画を発表。

マルチファウンドリでの戦略は供給や価格競争力、規模の点でも有利であるとし、技術の成熟度に応じて将来的にはSamsung、TSMC、グローバルファウンドリーズなどのいくつかの企業と協力するとしています。

かつてSamsungは1世代前の「Snapdragon 8 Gen 1」を製造していましたが、4nmプロセスの歩留まりの低さが問題となり、クアルコムは昨年後半から製造元をTSMCに変更

しかし3nmプロセスにおいてSamsungはGAA構造を早期から適用し、大量生産を実現したと発表。一方TSMCは3nmプロセスではFinFET構造を使用し、GAA技術の適用は2nmプロセスからとされています。

「技術の成熟度」によるとすれば、最終的に3nmプロセスの歩留まりをどれだけ早期に改善できるかで、SamsungがSnapdragon製造に再参入できるかが決まることになりそうです。

・関連記事
「Snapdragon 8 Gen 2」正式発表、処理能力と電力効率が劇的に向上した超優秀プロセッサに | Buzzap!

サムスン「Exynos」完全敗北、ハイエンドスマホはSnapdragonのみ採用に | Buzzap!

サムスンが1.4nmプロセスの最先端半導体を2027年にも製造開始へ、「不良品率65%」の汚名返上なるか | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  3. 楽天モバイル「Rakuten Link」有料化か、期待の「格安の5G使い放題」まもなく開始
  4. 1万円の8インチタブレット「Alldocube Smile 1」大幅値下げ、カーナビ代わりにも使える人気の超格安SIMフリーモデル
  5. 【大幅値下げ】Anker最強の4ポート急速充電器「747 Charger (GaNPrime 150W)」過去最安に、スマホもパソコンもタブレットも一気に充電できる超便利な1台に

モバイルに関連した楽天商品ランキング