「iPhone 15 Pro」物理ボタン排除確実か、感圧式採用で隙間なくし耐久耐水性向上へ



以前から報じられてきた「物理ボタンを廃止した」iPhoneが、思ったより早くお目見えすることになりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、来年発売予定の「iPhone 15 Pro」は物理ボタンが廃止され、感圧式ボタンが採用されるそうです。

これはAppleのサプライヤーでもある半導体会社「Cirrus Logic」の株主向けレポートで、スマホ向けの新しいHPMS関連部品が2023年後半に市場投入予定とされていたことを受けてのもの。

HPMSとは「high-performance mixed-signal」の略で、かつて「iPhone 6s」などの3D Touch機能に使われたエンジンに採用されていた部品。

そのことから、来年発売予定のiPhone 15 Proには物理ボタンではなく感圧式ボタンが搭載される見込みだとしています。

なお、「iPhone 15/15 Plus」にはこの機能は搭載されないとのこと。

ボタン部分の隙間を減らすことにより耐久性や耐水性の向上、さらに軽量化なども期待できそうです。

・関連記事
「物理ボタンのないiPhone」開発中か、タップとスワイプ操作のみで本体も簡素化へ | Buzzap!

「iPhone 15」は背面のエッジが丸くなりチタン製フレーム採用で価格上昇か、iPhone 5cのようなデザインに回帰へ | Buzzap!

「iPhone 15」はProのみUSB 3.2採用で高速転送対応か、無印はUSB 2.0のままで差別化加速 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング