「Xperia 1 Ultra」開発中か、240Hz表示対応の大画面すぎる4K有機ELディスプレイ搭載など10年ぶりの「Ultra」に



大画面スマホブームをいち早く先取りして多くのファンを獲得した「Xperia Z Ultra」以来、実に10年ぶりとなる「Ultra」がお目見えするかもしれません。詳細は以下から。

最新スマホのリーク情報などを扱うRGcloudS氏のツイートによると、ソニーが「Xperia 1 Ultra」を開発している可能性があるそうです。

これは「iPhone 15 Ultra」「Pixel 8 Ultra」のような、現段階ではあくまでも「ウワサ」として処理すべきものとのこと。

しかし実現するのであれば、BOEが満を持してリリースする240Hz表示対応の6.95インチ4K有機ELディスプレイやソニーの最新センサー「IMX989」、5000mAhの大容量バッテリーを備えるなど、圧倒的な内容になるのではないかとされています。

ミラーレス一眼「α」の技術を費やした可変ズームまで使えるカメラ、映画を撮影できるアプリなど「コンテンツを作る」ことに注力している昨今のXperia 1シリーズ。

もし圧倒的な大きさのディスプレイを備えるのであれば、作ったコンテンツを美麗に楽しむことまでできてしまうだけに、実現を期待してしまうファンも相当数いるのではないでしょうか。

・関連記事
ソフトバンク「Xperia 5 IV」1円での叩き売り大好評、ソニーの最新ハイエンドもはや格安スマホ扱いもドコモでは再開されず | Buzzap!

「Xperia Ace IV」は21:9の有機ELディスプレイ搭載、Xperia 10 IV並みの高性能エントリースマホに | Buzzap!

ほぼ20万円なのにOSアップデート2回、AQUOS R7やXperia 1 IVの高価格化で「割に合わなさ」さらに加速 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング