超格安スマホ「Libero 5G III」2万円台前半でワイモバイルに登場、ついに有機EL採用もカメラは劣化し微妙な仕上がりに



とにかく価格を抑えることに注力した格安スマホ「Libero」シリーズの最新モデルが発表されました。

急激に進んだ円安で部品が高騰した影響もあるのか、妥協点が多々垣間見えてくる1台となっています。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は12月15日にワイモバイルブランドで「Libero 5G III」を発売するそうです。価格は2万4480円。

Libero 5G IIIは前モデルと同じサイズ(6.67インチ)ではあるもののディスプレイが液晶から有機ELへとアップデートされたことで高い表示能力を実現。画面内に指紋認証センサーも備えています。


しかし基本性能(Dimensity 700、4GB RAM/64GB ROM)は前モデルと変わらないどころか、メインカメラが1600万画素から1300万画素へとダウングレードされた上、800万画素広角カメラは廃止されて200万画素のマクロカメラになってしまいました。


ディスプレイがきれいになる代わりにカメラがデチューンされてしまったLibero 5G III。基本性能も進化していないだけに、微妙な内容と言わざるを得ません。

・関連記事
月額990円で最大20GBの「ワイモバ親子割」発表、学生も家族もお得で一足早く学割商戦開始 | Buzzap!

「Xperia Ace IIIが一括1円」UQ mobileとワイモバイルで激突、独自の充電技術で長く使える1台が通信料金も格安に | Buzzap!

【手数料無料】ワイモバイル「OPPO Reno7 A」新規契約でも一括1万円台前半に、サクサク動く大容量バッテリーやシステム劣化防止機能搭載の薄型スマホが格安の通信料金で | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング