ノートPCにも「折りたたみディスプレイ」採用へ、17インチを小さく持ち運べて2画面タッチ操作もできるモデルに



サムスンが折りたたみディスプレイを搭載したノートパソコンを開発していることが明らかになりました。

上下の画面を利用した表示やタッチ操作など、新しい使い方が普及するかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungは17.3インチの折りたたみ有機ELディスプレイを採用したノートPCを2023年に発売するそうです。

これは以前も報道された、本体の中央で折りたたむことができ、上部と下部でデュアルディスプレイのような使い方ができるというもの。

折りたたみ有機ELディスプレイ採用のノートPCは、Lenovoの16.3インチ「ThinkPad X1 Fold」や、


ASUSの17.3インチ「Zenbook 17 Fold」などがあり、それらに並ぶ大きさとなります。


また、HPが17インチ折りたたみディスプレイ搭載ノートPCを開発中のほか、Appleも20.25インチの折りたたみ有機ELディスプレイ搭載MacBookを開発すると予想されており、それらに先駆けての発売となります。

自社開発の技術によって、驚くべき早さで開発されているSamsungの折りたたみディスプレイPC。

大手メーカーも続々と参入すると予想され、今後どういった製品が生まれるのか、既存のノートPCを超えるイノベーションとなるのか期待が膨らみます。

・関連記事
サムスン「折りたたみディスプレイ」搭載のノートPC開発中、タッチパネルでマルチ操作や大画面を実現 | Buzzap!

サムスンがジャパンディスプレイの最先端有機EL「eLEAP」技術を標的に、高輝度省電力や長寿命、焼き付き無しなど圧倒的な表示性能を低コストで実現 | Buzzap!

「巻きとり型PC」をSamsungとIntelが共同開発、画面が13~17インチに可変し機能と運びやすさ両立 | Buzzap!

折りたたみタブレット「Galaxy Tab Fold」ついに登場か、10インチ以上の大画面を手軽に持ち運び | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング