「Galaxy S24 Ultra」可変光学ズームカメラ搭載か、「150倍ズーム」対応の最強望遠スマホに



まもなく発表される最新フラッグシップスマホ「Galaxy S23」シリーズ。

残念ながらプレミアムモデル「Galaxy S23 Ultra」の望遠カメラはさほどアップデートされない見込みですが、後継機種では大きく変わる可能性が浮上しました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungは「Galaxy S24 Ultra」に第4世代にあたる新たなズームカメラを搭載するそうです。

これは著名な情報提供者によるもので、F値2.5~F9の絞りを備えた可変光学ズームカメラになるとのこと。

望遠カメラが刷新されることで光学ズームとデジタルズーム、AIを組み合わせた最大100倍の「スペースズーム」が進化し、現行モデル(Galaxy S22 Ultra)の1.5倍となる「150倍ズーム」を実現するとしています。

今までのように3倍、10倍ズームを個別に備える必要がなくなり、コスト削減や本体の小型化なども期待できる可変光学ズームカメラ。

先日LG Innotekが発表した可変光学ズームカメラモジュールの倍率が4~9倍にとどまることから異なるモジュールを採用するとみられますが、続報が待たれます。

・関連記事
「Galaxy S24 Plus」開発中止か、iPhone 14 Plus同様の不人気でフラッグシップスマホのラインナップ絞り込みへ | Buzzap!

スマホカメラの「出っ張り(バンプ)」消滅へ、最大9倍の可変光学ズーム対応の極薄カメラ登場でSnapdragon 8 Gen 2に最適化も | Buzzap!

「Galaxy S23」カメラ進化でなめらか撮影対応へ、ソフトウェア改善で処理向上しセンサーシフト式補正も搭載か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング