格安スマホ「Galaxy A24」開発中止か、一括1円の人気機種廃止でラインナップに大きな変化も



「誰でも手に入るお手ごろ価格で、可もなく不可もないまずまずの性能」

そんなコストパフォーマンスの良さで人気の格安スマホが無くなってしまうかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungが廉価版となる「Galaxy A」シリーズの本格的な統廃合を検討しているそうです。

具体的にはA1、A3、A5は今後も継続展開され、A2は廃止される可能性があるとのこと

また、すでに最上位のA7は「Galaxy A74」開発が見送られ「Galaxy A54」へ一本化される
形での廃止が予定されており、事実であればラインナップが5機種から3機種に減ることになります。

おサイフケータイや防水防塵に対応するなど、国内向けに大きく仕様が異なるものの、家電量販店などでの「一括1円」販売の常連機種で『誰もが簡単に買えるスマホ』という立ち位置を確立していたGalaxy A2シリーズ。

そのような経緯から日本市場のみ引き続き独自仕様の「Galaxy A24」が発売されるのか、国内未発表のA1シリーズが投入されるのか、はたまた少しグレードの上がったA3シリーズへとシフトするのか、今後の展開に注目が集まります。

・関連記事
「Galaxy S24 Plus」開発中止か、iPhone 14 Plus同様の不人気でフラッグシップスマホのラインナップ絞り込みへ | Buzzap!

廉価版「Galaxy S22 FE」まもなく登場か、1億画素カメラやExynos 2300搭載の贅沢すぎる格安スマホに | Buzzap!

「Galaxy A54」ミドルレンジ最高性能に、Galaxy新機種のラインナップ簡素化で高コスパ機はA54一択に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング