ファーウェイ「独自開発プロセッサ」テスト中、アメリカの制裁に完全対抗へ



倒産させるべく、アメリカによってありとあらゆる制裁を課せられてきたHuaweiが、ついにプロセッサの自社開発にこぎつけたことが明らかになりました。

かつてスマホシェア世界1位に上り詰めたメーカーは、一体どのような答えを出したのでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Huaweiが新たな自社開発プロセッサのテストを始めたそうです。

同社のスマホには傘下のHiSiliconが開発した「Kirin」シリーズが搭載されていましたが、アメリカの制裁によってTSMCなどに製造を委託できない事態に。

しかし今なお新たなプロセッサの研究開発は続けられており、「3nm」に着手したTSMCやSamsungのような最先端の製造プロセスを実用化できずにいる中国の半導体製造メーカーなどと緊密に協力しているとされています。

クアルコムの「Snapdragon」シリーズすら使わせない新制裁をアメリカが検討中と報じられる中、テスト中であることが明らかになった新たな独自開発プロセッサ。

製造プロセスの問題で当面はエントリー向けしか実用化できないとみられますが、中国陣営だけでどこまでやれるのかが気になるところです。

・関連記事
ファーウェイ「独自プロセッサ」でアメリカの新制裁回避か、倒産を防ぐ起死回生の一手に | Buzzap!

ファーウェイついに再始動、最新スマホ「Huawei P60」や独自の写真処理技術など引っさげMWC 2023に凱旋か | Buzzap!

ファーウェイに1700億円を超える特許収入、サムスンなどに5G技術提供でスマホ減収をカバーしていることが明らかに | Buzzap!

ファーウェイ「HarmonyOS」世界最速で普及、『第3のOS』の地位を確立してしまう | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】4万円台になった「POCO F4 GT」さらに値下げ、20万円級の超高性能で美麗有機ELや高音質スピーカー搭載のゲーミング格安スマホに
  2. ゲームを遊べる格安タブレット「Alldocube iPlay 50 Pro」登場、ほぼ2万円で8GBメモリやステレオスピーカーを備えた動画視聴やカーナビにも使える高性能SIMフリーモデルに
  3. 「Galaxy M54」電撃発表、120Hz対応6.7インチ有機ELに1億画素カメラや6000mAhバッテリー搭載でA54の完全上位互換に
  4. 一括1円が大反響だったソフトバンク「Lenovo TAB6」が処分セール、格安5Gタブレット再来も微妙すぎる内容に
  5. クレカサイズの新型モバイルバッテリー「SMARTCOBY Pro CABLE」発売、10000mAhで2台同時充電もできるLightning内蔵のケーブル一体型モデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング