ファーウェイ「HarmonyOS」世界最速で普及、『第3のOS』の地位を確立してしまう



スマホ黎明期に立ち上げられたWindows PhoneやFirefox OSなど、現れては消えていった「第3のOS」たち。

かつて誰もがなし得なかった偉業をHuaweiが達成しつつあるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、2019年に公開された「HarmonyOS」をインストールしたスマホの数が3億2000万台を突破したそうです。

HarmonyOSはアメリカの制裁措置によってGoogleの各種サービスやAndroidを使えなくなったHuaweiがスマホやタブレット、スマートウォッチ用に立ち上げた独自開発のOS。

現在モバイルOSとして世界最速で普及が進み、見事世界シェア3位に輝いたため「第3のOS」として市民権を得たとのこと。

また、スマホやタブレットにとどまらず、冷蔵庫や電子レンジ、スマート電球、テレビといったサードパーティー製品にも採用されるなど急拡大を続けているとされています。

5Gの技術開発で最先端をひた走っているにもかかわらず、自社開発の高性能プロセッサ「Kirin」を製造できなくなる、代わりに調達することを許された「Snapdragon」は5G非対応の機能限定版……など今なお過酷な制裁が続くHuawei。

サードパーティーを積極的に巻き込んだモバイルOSのエコシステムを構築することで、生き残りを図るようです。

・関連記事
ファーウェイまさかの快挙、今なおスマホのユーザー数が世界一であることが明らかに | Buzzap!

ファーウェイCEO「制裁が無ければ我々はAppleと世界を二分し、サムスンはその他扱いだった」 | Buzzap!

ファーウェイまさかの復活、制裁の中スマホ製造能力を取り戻しGAFAを超える研究開発投資も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. たった2000円で10年使える超格安SIM「1NCE」ソフトバンクが発売、すべての通信規格に対応で世界中で利用可能
  2. 「Nothing Phone(2)」7月発売、低価格と処理能力を両立したSnapdragon 8+ Gen 1搭載のお手頃スマホに
  3. UQ WiMAX新プラン「ギガ放題プラスS」発表、超高速・低遅延の『5G SA』対応で新型モバイルルーターとホームルーターも
  4. 【速報】1万円前半の超格安タブレット「N-one NPad S」登場、ステレオスピーカー搭載で動画もゲームも楽しめてビデオ通話やナビにも使える1台
  5. UQ mobileがahamo圧倒の新料金「コミコミプラン」発表、10分通話定額込みで月額2980円しかも店頭サポート付きの神プランでワイモバ対抗の「ミニミニ」も

モバイルに関連した楽天商品ランキング