ファーウェイまさかの復活、制裁の中スマホ製造能力を取り戻しGAFAを超える研究開発投資も



アメリカによる徹底的な制裁が、逆にHuaweiを育ててしまう。

そんな皮肉な結果が生まれつつあるのかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、HuaweiのCEO・余承東氏が先日、アメリカの制裁によって厳しい状況に置かれていた同社のスマホ生産能力が回復したことを明かしたそうです。

かつて世界シェアトップにまで上り詰めたHuaweiのスマホ事業は過去2年間、スマホを製造したくてもできない状況に追い込まれてきましたが、ようやくユーザーの需要に見合うだけの生産ができるようになったとのこと。

背景として同社が収益を積極的に研究開発に振り向けてきたことが挙げられており、2021年の投資額は実に収益額の22.4%にあたる221億ドル(約2兆8757億6250万円)に及ぶとされています。

なお、収益額の22.4%という数字はAmazonやAlphabetが費やした額のほぼ2倍、Appleの3倍以上とのこと。

これは「自社で半導体を開発することで生き残る」という同社の決意を示すもので、もし実用化にこぎ着けた場合、アメリカの制裁すらはね除けたHuaweiの地位は揺るぎないものとなりそうです。

・関連記事
ファーウェイが完全自社開発の5Gチップをリリースへ、アメリカの制裁を完全回避 | Buzzap!

ファーウェイが制裁回避で他社に技術を丸ごと提供、「TD Tech」ブランドでスマホ発売へ | Buzzap!

ファーウェイから独立の「Honor」日本進出、高性能な格安スマホ発売に期待 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  2. 【速報】8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  3. 【速報】8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  4. 【速報】格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  5. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に

モバイルに関連した楽天商品ランキング