ソニー「Xperia 1 IV」正式発表、カメラ刷新で映像や音楽製作、ゲーマーに最適のスマホに



ソニーが2022年のフラッグシップXperiaを発表しました。詳細は以下から。

◆Xperia 1 IV
従来より輝度が50%向上して屋外でも見やすくなったほか、120Hzのぬるぬる表示にも対応した6.5インチ4K(3840×1644)有機ELディスプレイ、Snapdragon 8 Gen 1、12GB RAM/512GB ROM(1TBのmicroSDXCカード対応)、3年間劣化しにくい大容量5000mAhバッテリーなどを備えたフラッグシップモデル。新たにeSIMをサポートしています。


背面カメラは焦点距離16mm(F2.2)の超広角、24mm(F1.7)の広角、スマホにおいて世界初となる85mm(F2.3)~125mm(F2.8)の望遠光学ズームをサポートしたことで解像度やAF性能の劣化なく動画や静止画を撮影できるほか、全てのレンズに120fpsの高速読み出し対応の「Exmor RS for mobile(1220万画素)」を採用。


また、撮影環境に応じてフォーカスや露出、ホワイトバランスなどの設定を素早く直感的かつ正確に調整できる動画撮影機能「Videography Pro」では、被写体を追従し続ける「瞳AF」と「オブジェクトトラッキング」にも対応。動画撮影中に全ての背面カメラをシームレスに切り替えながらズームできます。


音にも強いこだわりを見せており、ドルビーアトモス対応のステレオスピーカーはドライバーとエンクロージャーの構造を新たに見直すことで、ベースやバスドラムなどの低音域の再現性を向上。収録した音をクラウドにアップロードすることで、音源分離技術を用いたノイズ除去を施し、スタジオ品質の録音を実現する音楽録音機能「Music Pro」を新たに搭載しています。


◆Xperia 10 IV
従来より輝度が50%向上して屋外でも見やすくなった約6.0インチフルHD+有機ELディスプレイにSnapdragon 695、6GB RAM/128GB ROM採用のミドルレンジスマホ。


背面カメラは1200万画素広角、800万画素超広角、800万画素光学2倍の3つで、新たに光学式手ブレ補正に対応。動画撮影時は電子式手ブレ補正を組み合わせたハイブリッド手ブレ補正によって、クリアな撮影を実現します。


◆Xperia Ace III
5.5インチディスプレイに1300万画素カメラ、3年間劣化しにくい4500mAhバッテリーを備えたエントリースマホ。

・関連記事
au「Xperia 10 III」一括14800円に、有機ELや3眼カメラ、大容量バッテリー採用のお手ごろスマホが回線契約なしでも割引 | Buzzap!

「Xperia 1 IV」サムスン製のSnapdragon 8 Gen 1搭載か、『20万円超えの発熱スマホ』になるおそれも | Buzzap!

【悲報】「Xperia 1 IV」20万円超えか、Galaxy Z Fold 3並の高価格化でOSアップデートの回数が問題に | Buzzap!

ソニーが新型格安スマホ「Xperia Ace III」発売へ、ただし性能は期待できず | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  2. 【速報】8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  3. 【速報】8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  4. 【速報】格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  5. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に

モバイルに関連した楽天商品ランキング