「LEITZ PHONE 2」ソフトバンク独占販売へ、もはやスマホではなくカメラと呼ぶべき1台に



カメラにこだわり抜いたライカ監修スマホの第2弾が登場します。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は11月18日より「LEITZ PHONE 2」を販売するそうです。

LEITZ PHONE 2はシャープの「AQUOS R7」をベースにしたモデルで、1Hz~240Hzで駆動する独自の6.6インチ有機ELディスプレイ「Pro IGZO OLED」やSnapdragon 8 Gen 1(2.9GHz+1.7GHz オクタコア)、12GB RAM/512GB ROM、5000mAhバッテリーを搭載。


また、約4720万画素の1インチイメージセンサーとライカカメラ社共同開発のF値1.9/焦点距離19mm「ズミクロン」レンズを搭載したことで、集光量が前モデルの約1.8倍に向上しています。

さらにライカらしい撮影を楽しめる「Leitz Looks」モードには、ライカレンズの画質を体験できる「Summilux 28」「Summilux 35」「Noctilux 50」を用意。フィルターにはライカを象徴する美しいモノクロ写真が撮影できる「Monochrome」に加え、「Original」「Cinema Classic」「Cinema Contemporary」が追加されています。

ハイレゾモードでは最大約4720万画素の高精細な写真撮影ができるほか、AFはすべての画素がフォーカス位置を検出できる「全画素Octa PD AF方式」に対応。AF速度が従来の約2倍に高速化し、動く被写体にも素早くピントを合わせられるようになるなど、より本格的な撮影体験が楽しめるように。


ほかにもライカの世界観を表現した直感的に操作できるUIや高級感あるマグネット式の専用レンズキャップとケースを同梱。カメラ愛好家に向けた1台です。

・LEITZ PHONE 2
ディスプレイ:6.6インチ WUXGA+(2730×1260)240Hz 10億色Pro IGZO OLED
プロセッサ:Snapdragon 8 Gen 1
RAM、ROM:12GB/512GB
背面カメラ:4720万画素標準(F1.9/焦点距離19mm)1インチ大型センサー
前面カメラ:1260万画素
バッテリー:5000mAh
サイズ:211g、厚さ9.3mm
その他:microSDXC、nanoSIM/eSIM、IPX5、IPX8/IP6X、
おサイフケータイ、指紋/顔認証、ハイレゾ、ワイヤレス充電
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5GHz)

・関連記事
Xiaomi「ライカのレンズをそのまま使えるスマホ」開発、本体を大型化させずに長距離ズームも実現できる新たなアプローチに | Buzzap!

ソフトバンク「AQUOS R7」まさかの半額以下に、1インチセンサーの一眼スマホ(ほぼ19万円)が発売3ヶ月で大幅割引 | Buzzap!

Xiaomi「一眼スマホ」開発中、可変焦点距離の大型センサーで望遠も広角もカバーへ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング