ファーウェイCEO「制裁が無ければ我々はAppleと世界を二分し、サムスンはその他扱いだった」



アメリカによる制裁を受けてなお事業を続けることができているHuaweiのCEOが、興味深い見解を示しました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、HuaweiのCEO・Richard Yu氏が「もしも」の話として、アメリカの制裁が無かった場合のモバイル業界についてコメントしたそうです。

Yu氏は「アメリカによる介入と圧力が無ければ、2022年世界の主要な携帯電話メーカーはHuaweiとAppleになっていたかもしれない」と述べたとのこと。

また、Samsungについては「アメリカと韓国市場でスマホを販売する小規模メーカーになっていただろう」としており、「その他大勢」の1つに落ちていたとコメント。

さすがにそこまでSamsungのシェアが落ちるとは思えないものの、2020年にHuaweiが市場シェア19%を獲得し、「Galaxy S20」苦戦で17%にとどまったSamsungを追い抜いたのは事実。

もし他社のようにGoogleの各種サービスや最新プロセッサを用いることができていれば、どのような未来となっていたのかが気になるところです。

・関連記事
ファーウェイが下り最大10Gbpsの「5.5G(5G-Advanced)」推進、超高速通信や超低遅延のほか高精度測位も | Buzzap!

ファーウェイから独立の「Honor」日本進出、高性能な格安スマホ発売に期待 | Buzzap!

ファーウェイまさかの復活、制裁の中スマホ製造能力を取り戻しGAFAを超える研究開発投資も | Buzzap!

ファーウェイが完全自社開発の5Gチップをリリースへ、アメリカの制裁を完全回避 | Buzzap!

ファーウェイが制裁回避で他社に技術を丸ごと提供、「TD Tech」ブランドでスマホ発売へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング