ソフトバンクが「Apple Watch」に国際ローミング、国内初サービスで「アメリカ放題」も



ソフトバンクでApple Watchが海外利用可能になりました。さらにアメリカなら使い放題です。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は11月10日より、海外でApple Watchを利用できる国際ローミングサービスを提供するそうです。

これは、「Apple Watch モバイル通信サービス」に加入すると海外の対象国や地域でiPhoneなしでもApple Watchだけで電話やメール、音楽が利用できるというもの。国内通信事業者ではソフトバンクが初です。

対応機種は以下の通り。最新機種の「Apple Watch Series 8」や「Apple Watch SE(第2世代)」「Apple Watch Ultra」をはじめ、Series 5~7、およびSE(第1世代)も対象です。

・Apple Watch Ultra
・Apple Watch Series 8
・Apple Watch SE(第2世代)
・Apple Watch Series 7
・Apple Watch Nike Series 7
・Apple Watch SE(第1世代)
・Apple Watch Nike SE
・Apple Watch Series 6
・Apple Watch Nike Series 6
・Apple Watch Series 5

対象国はカンボジア、スリランカ、タイ、韓国、香港、台湾、アメリカ、アラスカ、ハワイ、バージン諸島(アメリカ領)、プエルトリコの11ヶ国で、対象エリアも順次拡大としています。

また海外渡航中は、iPhoneの国際ローミングの料金が適用されますが、アメリカやハワイでは「アメリカ放題」がそのままで利用可能に。日本やアメリカへの音声通話や着信、およびデータ通信が無料となっています。

なお、海外利用にはwatchOS 9.1へバーションアップし、iPhoneで「世界対応ケータイ」に加入、さらにApple Watchの設定でデータローミングをオンにする設定が必要。また、ユーザー自身で海外事業者の選択や変更はできないとのこと。

Apple Watchでのデータ通信サービスを携帯各社が開始し、iPhoneを持ち歩かなくても利用できるようになる中、国際ローミング開始でさらに便利に。家族旅行などで子供に持たせての利用などにも重宝しそうです。

・関連記事
ソフトバンクが「ワイヤレス電力伝送」実験成功、5G基地局からの送電で無線給電でき商用利用も視野 | Buzzap!

LINEMOが3GBまで0円の「ミニプラン半年間実質無料」を最大8ヶ月間に延長、月額0円運用がさらに使いやすく | Buzzap!

ソフトバンクが「店頭スマホサポート定額」を提供、フィルム貼りからTwitter設定まで最大20メニューに定期点検も | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)