「iPhone 15 Pro」ようやく8GBメモリか、ただしiPhone 15は6GBのままの可能性


何年もの間、わずか6GBのメモリしか搭載されていなかったiPhone。

「iPhone 15」シリーズで切望されていたアップグレードがついに提供されるかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは今年発売と予想されている「iPhone 15 Pro」モデルに8GB RAMを搭載する可能性が高いそうです。

これは台湾の調査会社TrendForceが公開したレポートによるもの。具体的な詳細は明らかにされていないものの、次期iPhone搭載のRAM容量とスペックを引き上げる予定としています。

もし本当なら、iPhoneの最大メモリ容量が増加するのは「iPhone 12 Pro」が6GB RAMでリリースされて以来。

ちなみに今月発売されたサムスンのフラッグシップモデル「Galaxy S23 Ultra」は最大12GB、また今年発表予定のSony「Xperia 1 V」には16GB搭載と予想されています。

なお、標準モデルの「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」はおそらく6GB RAM のままにとどまるとしており、またも「Pro/Ultra」とそれ以外の差が広がり、上位モデルの購入をうながすものとなりそうです。

・関連記事
「Snapdragon 8 Gen 3」に暗雲、iPhone 15 Proの「Apple A17」などがTSMCの3nm製造ラインを独占する事態に | Buzzap!

「iPhone 14 Pro」2社体制の製造で増産へ、「15 Pro」でも安定供給が継続か | Buzzap!

「iPhone 15」のUSB Type-Cは独自認証を採用か、純正ケーブル以外では機能制限の可能性 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]