「iOS 16.4」以降バッテリー消費が大幅悪化、更新でiPhone 13は少し持ち直すもiPhone 12以下は低パフォーマンス続く



先月お伝えしたところかなり大きな反響があった最新のiOSでiPhoneのバッテリー消費が悪化するという問題で、最新のレポートが公開されました。

特に「iPhone 12」ユーザーから不満の声が上がっていた前回ですが、今回も残念な結果になってしまったようです。詳細は以下から。

YouTubeチャンネル「iAppleBytes」が行ったテストによると、「iOS 16.4」以降を適用したiPhoneのバッテリー消費が悪化しているそうです。

おさらいしたいのが、先月公開されたテスト結果。iAppleBytesではiOSが更新される度にデータを取っていますが、iOS 16.4適用後はすべての端末でAnTuTuのバッテリースコアが低下していました。

「iOS 16.3.1」に比べるとiPhone 13はiOS 16.4時点でスコアがガクッと下がっており、iPhone 12は「iOS 16.4.1」でさらに悪化してしまったのがわかります。


そして先日公開された「iOS 16.5」での結果では、iPhone 13のスコアはやや持ち直したもののiPhone 12はiOS 16.4時点の状態にも届かなかったとのこと。


iPhone 11やiPhone XRではまたもや悪化しており、検証されている限りではiPhone 8以外は軒並みiOS 16.3.1より下回っている状態です。


このアップデートにはiPhone用の機能向上が含まれています」とされる一方、最も生活にかかわるバッテリー消費が改善されないiOS。適用しない場合は当然ながらセキュリティ面に不安が出るため、そろそろ解決してほしいところです。

・関連記事
「アップル税」ついに撤廃へ、iOS 17から外部ストア導入でApp Storeの独占崩れる | Buzzap!

【朗報】「iPhone 8」iOS 17サポート継続の可能性、アップデート打ち切りから一転で古い機種の長期サポートが主眼に | Buzzap!

【不具合】「Pixel 7」など異常発熱やバッテリー消費の大幅悪化、更新後に報告相次ぎ電池が劣化するおそれも | Buzzap!

リチウムイオン電池を超える「全固体電池」Galaxy S25に搭載か、大容量かつ小型化を実現で爆発もない安全なバッテリーに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング