「iOS 16.5.1」でiPhone 13やiPhone 12のバッテリー消費またもや悪化、一方iPhone 11以下は高パフォーマンスに



以前お伝えしたところ非常に大きな反響があった「最新のiOSを適用するとiPhoneのバッテリー消費が悪化する」という問題で、最新の実験結果が公開されました。

またもやiPhone 13などでパフォーマンスが悪化した一方、一部の機種では久しぶりに改善傾向が見られたようです。詳細は以下から。

YouTubeチャンネル「iAppleBytes」が行ったテストによると、「iOS 16.4」以降を適用したiPhone 13のバッテリー消費が大きく悪化しているそうです。

おさらいしたいのが、旧バージョンでのテスト結果。iAppleBytesではiOSが更新される度にデータを取っていますが、iOS 16.4適用後はすべての端末でAnTuTuのバッテリースコアが低下していました。

iPhone 13はiOS 16.4時点でスコアがガクッと下がり、「iOS 16.5」でやや持ち直していたものの「iOS 16」時の水準には達していなかったことがわかります。


そして先日公開された「iOS 16.5.1」でのテストでは、iPhone 13のスコアがまたもや激減。iPhone 12もやや落ち込んでしまうという結果が出てしまいました。


一方iPhone 11は過去最高に近いスコアをたたき出しているほか、iPhone XRやiPhone 8などでも改善していることがわかります。


しかしながら今後さらにユーザーが増えると思われるiPhone 13やiPhone 12で低いスコアが出てしまっているというのは気になるところ。気兼ねなく最新のiOSを使えるように、早めに改善してほしいところです。

・関連記事
iOS 17でプライバシー保護の新機能、「トラッキングURL」自動削除でユーザー追跡を防止へ | Buzzap!

「iPhone 8」iOS 17アップデート対象外に、iPhone XやiPad Pro(第1世代)、iPad(第5世代)も除外 | Buzzap!

「アップル税」ついに撤廃へ、iOS 17から外部ストア導入でApp Storeの独占崩れる | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)