「iPhone 15 Pro」過去最悪のユーザー評価に、一方15や15 Plusは人気上昇


9月の発売から1ヶ月たたないうちに2つの致命的な不具合が発覚するなど、散々な滑り出しになっている「iPhone 15 Pro」。

ユーザーからの不信は評価という形で明確に表れてしまったようです。詳細は以下から。

PerfectRec社のレポートによると、iPhone 15 Proのユーザー評価が過去最悪のものになっているそうです。

これはGoogleに投稿された約69万件のレビューをメタ分析した結果によるもので、「iPhone 13 Pro」は84%のユーザーが5つ星を付けていましたが、「iPhone 14 Pro」では76%に下落し、iPhone 15 Proはさらに下回る73%を記録したとのこと。

Appleがアップデートで修正する事態になったiPhone 15 Proが異常発熱する問題が一因とみられていますが、その後画面が焼き付く不具合も発覚したため、さらに低評価になる可能性もありそうです。

一方でUSB Type-Cへの変更に加えて「Dynamic Islandの追加」「背面カメラが4800万画素に刷新」など大きな変化のあった「iPhone 15/15 Plus」は、iPhone 14に比べて高い支持を得ています。

iPhone 15シリーズ全体でみればそこまで下がっている訳ではないものの、単価の高いProモデルが評価を得られないのはAppleにとって間違いなく痛手。

例年最も販売台数が多い中国でもシェアをAndroidに奪われた上に、「Snapdragon 8 Gen 3」が「Apple A17 Pro」に迫る性能を実現して立場が危うくなるなど、強い逆風にさらされていると言えそうです。

・関連記事
【悲報】「iPhone 15」発売1ヶ月で大幅値下げ、iPhone 15 Pro Maxの大容量版すら対象で不人気が顕著に | Buzzap!

「iPhone 15」iOS 17.1でも多数のバグ放置か、Wi-Fi速度低下や夜間シャットダウンなど修正の見通し立たず | Buzzap!

「Snapdragon 8 Gen 3」処理能力30%向上と低消費電力・低発熱でGen 2超えの大躍進、iPhone 15 Proに徹底対抗へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]