廉価版「Nothing Phone(2a)」詳細判明、美麗なディスプレイそのまま背面LEDデザイン変更でコスト削減したモデルに



独自の世界観を持つデザイン性と背面LED、高い性能を併せ持った「Nothing Phone」シリーズの廉価版に関する情報が徐々に明らかになっているようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Nothingが現在開発中の廉価版「Nothing Phone(2a)」は「Nothing Phone(2)」と同じ6.7インチの有機ELディスプレイが搭載されるそうです。

さらに背面とされる写真では、コスト削減のためか「Glyph Interface」に用いるLEDが前モデルの「Nothing Phone(1)」と同様にひとつながりになっています。


情報提供者はデバイスを実際に見たと発言していることから、すでに試作段階にあり発売も近いとみられるNothing Phone(2a)。

画面サイズや根幹のデザインをしっかり踏襲した、ファン納得の廉価版となることが期待されます。

・関連記事
初の廉価版「Nothing Phone(2a)」登場へ、独自の世界観を手ごろな価格で試せる高性能スマホか | Buzzap!

「CMF by Nothing」登場、お手ごろ価格で高品質な親しみやすいデザインのスマートウォッチやイヤホンを手がけるサブブランドに | Buzzap!

「INFOBAR大百科展」に行ってauデザインケータイ20年の歴史をたっぷり堪能してきました | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)