「折りたたみiPhone」ヒビ割れに強いディスプレイ搭載か、破損の原因になる細かなキズを自己修復



折りたたみディスプレイ搭載のiPhoneやiPadを開発中と報じられているApple。

自由に曲げられるため傷付きやすい内部ディスプレイに、独自のアプローチが取られるようです。詳細は以下から。

アメリカ特許商標庁が公開したデータによると、Appleはヒビ割れを防止する折りたたみディスプレイを開発しているそうです。

これは折りたたみディスプレイに特殊な構造の保護カバー層を追加するもの。


特許によると、一般的にディスプレイの破損は微細な亀裂が生まれることで発生するとのこと。

そのため、保護カバー層が細かなキズを自動的に埋めることにより、ヒビ割れを発生しにくくすることができるとしています。


さらに硬度も高く、突き刺しやひっかきなどの傷、ひっぱりなどにも強いため、保護コーティングとしても十分な耐久性を備えているそうです。

特許では左右に開く折りたたみスマホのほか、縦折りタイプも掲載され、180度以上も曲げられる耐久性が示されています。


あくまで特許段階のため、実際の製品に反映されるかは未知数なものの、ディスプレイサプライヤーのSamsungがAppleの折りたたみスマホ専門のチームを再編したと報じられるなど、着実に進行しているとみられる折りたたみiPhoneの開発。

「ディスプレイに折り目やヒビが入りやすい」ということを忌避する理由に挙げるユーザーも多いと思われる中で、弱点を克服した折りたたみスマホが誕生するかもしれません。

・関連記事
【朗報】新型「iPhone SE(第4世代)」iPhone 14ベースに、有機ELやUSB Type-C、バッテリー容量1.6倍など飛躍的に進化へ | Buzzap!
「超格安折りたたみスマホ」開発をサムスンが否定、Galaxy Z Flip6 FEは絶望的か | Buzzap!

「折りたたみiPhone」はエッジスクリーン採用で物理ボタン排除か、全面がタッチパネルになる可能性 | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)