「折りたたみiPhone」はエッジスクリーン採用で物理ボタン排除か、全面がタッチパネルになる可能性



折りたたみディスプレイ搭載のiPhoneやiPadを開発中ではないかと噂されるApple。

どうやらその開発に関する新たな情報が流れているようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは従来のiPhoneのモデルと折りたたみ式の両方のデザインにおいて、あらゆる面にソリッドステート(感圧式)ボタンを備えるタッチセンサーの特許を取得したそうです。


これはアメリカの特許商標庁が明らかにしたもの。側面やエッジにタッチを感知するディスプレイが搭載されるとしています。

折りたたみデバイスの湾曲したエッジは「サイドウォール」と呼ばれており、前面ディスプレイからサイドウォール、そして背面ディスプレイにかけてタッチセンサーが搭載されるとのこと。

またサイドウォールのタッチ入力は、カメラの仮想シャッターや音量ボリューム、または他のデバイス操作(例えば、画面の明るさ、色設定、コントラスト設定など)を制御するスライダーボタンにも使用できるとみられています。

なお、折りたたみディスプレイを持たないタイプの図も公開されており、そこにサイドウォールが追加されれば、2014年発売の「GALAXY Note Edge」のエッジスクリーンを彷彿とさせるようです。



なお、「iPhone 15 Pro」ではソリッドステートボタンが採用され、物理ボタンが一切なくなると噂されており、同特許はその報道をさらに支持するもの。

折りたたみディスプレイを搭載し物理ボタンを廃止した、タップとスワイプだけで操作する驚きのiPhoneがそう遠くないうちに誕生するのかもしれません。

・関連記事
「物理ボタンのないiPhone」開発中か、タップとスワイプ操作のみで本体も簡素化へ | Buzzap!

「折りたたみiPhone」は自己修復ディスプレイ採用か、折り目が付きにくく高耐久に | Buzzap!

「全画面iPhone」ついに登場か、画面下カメラとセンサーでノッチもパンチホールも消滅へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】4万円台になった「POCO F4 GT」さらに値下げ、20万円級の超高性能で美麗有機ELや高音質スピーカー搭載のゲーミング格安スマホに
  2. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 12 Turbo」正式発表、3万円台で120Hz有機ELやSnapdragon 7+ Gen 2搭載のハイエンドスマホに迫る高性能を実現
  3. 「ゲーミングスマホ」不人気でメーカー撤退の憂き目に、最後の希望『ROG Phone 7』超々高性能でまもなく登場へ
  4. iPhone 15は「初期ロット購入」一択か、光漏れ問題を抱えるBOE製ディスプレイが2次ロット以降に搭載されるおそれ
  5. 一括1円が大反響だったソフトバンク「Lenovo TAB6」が処分セール、格安5Gタブレット再来も微妙すぎる内容に

モバイルに関連した楽天商品ランキング