【朗報】Galaxy S25 Ultra『メイン、望遠カメラとも高画質』に、打倒ソニーの「ISOCELL HP9」や可変ズームの大型センサー採用へ



「Galaxy S24 Ultraは見送り推奨」

そう思ってしまいかねない、非常に気になるニュースが飛び込んできました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Galaxy S25 Ultraは背面カメラが4つから3つに減るそうです。

かねてからUltraシリーズには「3倍、10倍(S24 Ultraでは5倍)」と2つの望遠カメラが搭載されてきましたが、3倍カメラが廃止されるとのこと。

代わりにクロップズームを使うことで2億画素のメインカメラで光学3倍相当、1250万画素の写真を撮影できるようにするとしています。

なお、新たな望遠カメラはセンサーサイズが大きくなるほか2段階の可変ズームを採用する見込み。テスト段階では4~5倍および6~7倍が検討されているため、クロップズームを組み合わせれば今まで以上に広範なマルチズームを実現できます。

打倒ソニーを目指した新型2億画素センサー「ISOCELL HP9」採用の可能性も取りざたされているGalaxy S25 Ultra。

6.9インチへの大画面化AIを用いたバッテリー管理機能に加えてメインカメラ、望遠カメラが一気に刷新されるとなれば、否応なしに期待が高まりそうです。

・関連記事
「Galaxy Z Flip6/Fold6」値下げでファーウェイなどに対抗か、初のExynos 2400搭載でコスト削減へ | Buzzap!

廉価版「Galaxy S24 FE」夏発売は見送りか、最新性能や極薄ベゼルなど大幅刷新も浮上で『待つ価値あり』の格安ハイエンドに | Buzzap!

「Galaxy AI」6年前のGalaxy Note 9でも動作することが明らかに、サポート終了の旧型スマホにAI活用の最新機能が追加へ | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)