【追記あり】シャープが液晶事業売却へ、経営危機以来の最終赤字も→液晶でなく半導体と訂正で『写メール』以来の自社カメラセンサー撤退か



『美しい、日本の液晶』『液晶なら、シャープ』『世界の亀山モデル』

何もかも皆懐かしい思い出です。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、シャープの呉柏勲・社長兼CEOが将来的に液晶パネル事業を売却する方針を示したそうです。

具体的な時期は明かされておらず、「しかるべきタイミングが来たら話したい」とコメントしたとのこと。

背景として同社の2024年3月期連結決算は最終損益1499億円で、経営危機に陥った2016年以来となる「2期連続で1000億円を超える最終赤字」を計上したことが挙げられます。

なお、シャープの液晶事業は経産省がバックアップするジャパンディスプレイ(JDI)との利益度外視の価格競争により傷口を広げ続け、両社とも有機ELで出遅れる結果に。

現在JDIは上場から10年連続赤字で株価も40分の1、シャープは鴻海傘下になってしまい、事実上日本のディスプレイ産業は壊滅。旧経営陣の遺産「堺ディスプレイプロダクト」も9月末までに停止することが明かされています。

CSOTなどの中国勢が圧倒的なコスト競争力を獲得する中、SamsungやLGすら撤退しているため、今回の液晶事業撤退は無理からぬ選択ではないでしょうか。

・18時25分追記
共同通信社などの報道によると、売却を考えているのは液晶ではなく半導体事業だったと呉柏勲・社長兼CEOが訂正したそうです。

シャープは世界初のカメラ付きケータイ「J-SH04」を生み出した自負もあって、センサーを自前で手がけてきたメーカーですが、自社センサーを諦めるということなのでしょうか。

・関連記事
「折りたたみiPhone」サムスンとアップル協力で実現へ、高耐久でシワもなく超薄型の高品質ディスプレイ完成か | Buzzap!

BOEがスマホ用有機ELで世界2位に、LGを追い抜き中国企業の躍進止まらず | Buzzap!

新型「iPhone SE(第4世代)」中国BOE製の有機ELで製造コスト大幅削減へ、Appleの値切りでSamsungが逃げ出す事態に | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品(PR)