iPhone 6sのApple A9で絶賛炎上中のサムスン、世界のスマホの大半のプロセッサを製造へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

主力のスマホ事業に陰りが見えるSamsungが、戦略転換を進めつつあります。詳細は以下から。

Samsung eyeing 14nm chip orders from HiSilicon

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、SamsungはHiSiliconから14nm FinFETプロセスのプロセッサの製造を受注するため、TSMC(台湾セミコンダクター)社と入札を争っているそうです。

HiSiliconは世界シェア上位のスマホメーカー・Huawei傘下のプロセッサを設計する会社で、現在はTSMCにプロセッサの製造を委託。

Samsungは14nmプロセスのチップセット製造で価格攻勢を仕掛けており、すでにiPhone 6sに搭載された「Apple A9」のみならず、クアルコムのSnapdragonシリーズの一部についても受注を獲得。

もしHuaweiから受注できれば世界シェアトップのメーカー各社のプロセッサを製造することとなり、自社のフラッグシップスマホ「Galaxy S」シリーズに搭載されている「Exynos」と合わせて、世界中のスマホの大半がSamsungが製造したプロセッサを搭載することとなりそうです。

なお、Samsungのプロセッサ製造事業は決して順風満帆というわけではなく、iPhone 6s向けのApple A9では、TSMC製のほうがバッテリーが2時間長持ちすることが判明して炎上したばかり。

自分のiPhone 6sがどちらのメーカー製Apple A9を搭載しているかが分かるアプリは以下。

Battery Memory System Status Monitor | App Store

プロセッサを製造するメーカーによってiPhone 6sに性能差が生まれていることについてはAppleも認めており、次のiPhoneが搭載する「Apple A10」はTSMC独占になるとも報じられていますが、Samsungは首尾良く受注を拡大できるのでしょうか……?

・関連記事
サムスン製テレビに「消費電力偽装」の疑いが浮上、フォルクスワーゲンの二の舞か | BUZZAP!(バザップ!)

Galaxy S5の微妙なカメラ、日本メーカーが協力を拒んだ結果であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ向けの「11K(10560×5940)」ディスプレイをサムスンが開発へ、正気を疑うような解像度に | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungがHTCを中傷する工作、学生を雇ってネガティブキャンペーンを展開 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加