人気沸騰中の超小型パソコン「GPD Pocket」、SIMフリー版も発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

発表早々クラウドファンディングサイトで募集額の460%を集めるなど、いきなり人気爆発の気配を見せる7インチの超小型パソコン「GPD Pocket」。

なんと本格モバイラーのために、LTEなどをサポートするとみられるSIMフリー版がラインナップされることが明らかになりました。詳細は以下から。

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」に掲載されたGPD Pocket開発者のコメントによると、第2世代のGPD PocketにはSIMスロットが搭載される方針だそうです。

また、当初「Intel Atom x7-8700、4GB RAM」と告知されていたスペック表記が価格そのままで「Intel Atom x7-8750(最大2.56GHz、クアッドコア)、8GB RAM」へとアップデートされていますが、こちらは事実とのこと。

さらに「256GBモデルを発売して欲しい」という要望についても、開発チームに提案してみるとしています。

なお、GPD Pocketの本体価格はWindows 10モデルが399ドル(約4万5000円)で、Type-Cハブ付きは409ドル(約4万6400円)。出荷は2017年6月を予定。

GPD Pocketのベースモデルには、ゲーム機感覚で操作できる5.5インチ液晶搭載の超小型パソコン「GPD WIN」があり、以下の関連記事からレビューを見ることができます。

・関連記事
ポケットサイズの超小型ノート「GPD WIN」レビュー、ゲームも楽しめるまさに「名機」に | BUZZAP!(バザップ!)

まるでVAIO Uや工人舎ノート、モバイラーを虜にする超小型PC「GPD WIN」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

最新Core M搭載でも格安、筆圧感知も魅力の高性能タブレット「Cube Mix Plus」 | BUZZAP!(バザップ!)

Surface Pro 5の性能を先取り、8GB RAM/256GB SSD搭載の高性能・格安タブレット「Teclast X5 Pro」 | BUZZAP!(バザップ!)

最新CPU搭載&薄型化した2万円台の格安・大画面ノート「Jumper Ezbook 3」がついに発売 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加