さようならezweb、KDDIが新メールドメイン「au.com」提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

auのメールアドレスとして長年親しまれてきた「ezweb.ne.jp」が変わります。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2018年4月以降、Eメールドメインを従来の「ezweb.ne.jp」から、よりauブランドと統一性のある「au.com」に変更するそうです。

2018年4月以降のメールアドレスのイメージ。現在「ezweb.ne.jp」を利用しているユーザーはそのまま継続利用できますが、新規アドレス取得・アドレス変更時はドメイン名が「au.com」に。ドメイン名変更のみもできます。

なお、法人向けに提供しているビジネスメールアドレスは、新ドメインとして「biz.au.com」を提供。現行の「biz.ezweb.ne.jp」を契約中のユーザーが追加のメールアドレスを取得した際には「biz.ezweb.ne.jp」ドメインで払い出されるとのこと。

さらに2017年秋冬モデル以降、より便利にEメールを利用できる「auメールアプリ」の提供も開始。

電話帳に登録されている連絡先からのEメールやauからのメール、ユーザーが指定した条件に基づいてフィルタリングする「フィルター表示機能」や送信者をまとめて表示する機能、過去メール自動振分け機能、自動削除機能などを実装する予定。ただし2017年夏モデル以前の利用者にアップデートは提供されません。

1999年にDDIセルラーやIDOがサービスを提供した「EZaccess(イージーアクセス)」に端を発するEZwebおよび「EZweb@mail」。EZwebのトップメニューがauoneに変わって今年でちょうど10年ですが、ついに長らく残ったメールのドメインすら変わることとなります。

・関連記事
【初公開】au×深澤直人の新コンセプトモデル「SHINKTAI(シンケータイ)」レビュー、反響次第で製品化も | BUZZAP!(バザップ!)

もはや格安スマホ不要、キャリア回線をMVNO並みの値段で使える「auフラットプラン」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

【初公開】幻となった「iida G13」コンセプトモデルレビュー、あの名機の最新モデルはスマホになる予定だった | BUZZAP!(バザップ!)

今でも十分通用するデザインの「talby 2」が初めて公開される | BUZZAP!(バザップ!)

スライド式フルキーボード搭載の「SUPER INFOBAR」や「INFOBAR PAD」など、バリエーションモデルいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

「auピタットプラン」「auフラットプラン」が一目で分かるまとめ、docomo with対抗の分離プランに | BUZZAP!(バザップ!)

15周年を迎えたau design project博覧会「ケータイの形態学 展」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加