auが256QAM採用で下り最大708Mbpsに高速化、WiMAX 2+は558Mbpsに

このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIとUQコミュニケーションズが、さらなる高速化に踏み切ります。詳細は以下から。

KDDIおよびUQコミュニケーションズのプレスリリースによると、両社は9月1日からキャリアアグリゲーション技術および4×4 MIMO技術に多値変調方式「256QAM」を組み合わせることで、さらなる高速化を実現するそうです。

具体的には4G LTEとWiMAX 2+を組み合わせることで下り最大708Mbpsにまで高速化するほか、WiMAX 2+単独でも下り最大558Mbpsに。

対応機種は「Galaxy S8」「Galaxy S8+」「AQUOS R」および「Speed Wi-Fi NEXT W04」で、ソフトウェアバージョンアップが必要になります。

なお、Speed Wi-Fi NEXT W04の場合、最新ソフトウェアへのバージョンアップが必要で、使い放題の「ハイスピードモード」だと下り最大558Mbps、「ハイスピードモードプラスエリア」だと下り最大708Mbpsに。

サービス提供エリアは東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部とされており、今後拡大していくとみられます。

・関連記事
もはや格安スマホ不要、キャリア回線をMVNO並みの値段で使える「auフラットプラン」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

【初公開】深澤直人デザインの新コンセプトモデル「SHINKTAI(シンケータイ)」レビュー、反響次第で製品化も | BUZZAP!(バザップ!)

さようならezweb、KDDIが新メールドメイン「au.com」提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加