「ソニー・エリクソン」が終了、「ソニーモバイルコミュニケーションズ」に名称変更へ



スマートフォン「Xperia」などでおなじみのソニー・エリクソンが「ソニーモバイルコミュニケーションズ」に名称変更することが発表されました。



Sony Japan | ソニー、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了

ソニーのプレスリリースによると、同社は2012年2月15日(中央ヨーロッパ時間)付けでエリクソンの保有するソニー・エリクソンの50%の株式を取得する取引を完了し、同日付でソニー・エリクソンはソニーの100%子会社となったそうです。

これを受けてソニーは「ソニー・エリクソン」の社名を「ソニーモバイルコミュニケーションズ」に変更し、携帯電話事業をエレクトロニクス事業に完全に取り込むことで、スマートフォンとタブレット、テレビ、PCなどの幅広いネットワーク対応コンシューマー製品群の融合をさらに加速していくとのこと。

なお、本社はイギリスのロンドンのままで、代表者はバート・ノルドベリ 社長 兼 CEOになるとされています。

・関連記事
ソニーの全部入り「Xperia acro HD IS12S」ムービーレビュー、BRAVIAとウォークマンとサイバーショットが合体 | BUZZAP!(バザップ!)

進化したauのXperia、「Xperia acro HD IS12S」速攻フォトレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

ついにXperiaがデュアルコア&HD対応に、「Xperia acro HD」「Xperia NX」が登場 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが有機ELテレビ事業に再参入、大型モデルを発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが安価な新型ウォークマン「NW-E060シリーズ」発表、ついにノイズキャンセリング搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング