「ソニー・エリクソン」が終了、「ソニーモバイルコミュニケーションズ」に名称変更へ



スマートフォン「Xperia」などでおなじみのソニー・エリクソンが「ソニーモバイルコミュニケーションズ」に名称変更することが発表されました。



Sony Japan | ソニー、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了

ソニーのプレスリリースによると、同社は2012年2月15日(中央ヨーロッパ時間)付けでエリクソンの保有するソニー・エリクソンの50%の株式を取得する取引を完了し、同日付でソニー・エリクソンはソニーの100%子会社となったそうです。

これを受けてソニーは「ソニー・エリクソン」の社名を「ソニーモバイルコミュニケーションズ」に変更し、携帯電話事業をエレクトロニクス事業に完全に取り込むことで、スマートフォンとタブレット、テレビ、PCなどの幅広いネットワーク対応コンシューマー製品群の融合をさらに加速していくとのこと。

なお、本社はイギリスのロンドンのままで、代表者はバート・ノルドベリ 社長 兼 CEOになるとされています。

・関連記事
ソニーの全部入り「Xperia acro HD IS12S」ムービーレビュー、BRAVIAとウォークマンとサイバーショットが合体 | BUZZAP!(バザップ!)

進化したauのXperia、「Xperia acro HD IS12S」速攻フォトレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

ついにXperiaがデュアルコア&HD対応に、「Xperia acro HD」「Xperia NX」が登場 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが有機ELテレビ事業に再参入、大型モデルを発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが安価な新型ウォークマン「NW-E060シリーズ」発表、ついにノイズキャンセリング搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」
  2. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクが続行も在庫が不安定に、「iPhone 12 mini」契約なしで値下げも
  3. 楽天モバイル「圏外になった」と報告多数、au回線提供終了でエリアが縮小し自宅や駅、会社、店舗、道路などで使えず全国規模の混乱に
  4. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ再び、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途にも
  5. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング