「ヴァンパイア」シリーズ復活か、カプコンが新たに商標登録を行ったことが判明

このエントリーをはてなブックマークに追加



カプコンが1994年にアーケードゲームとして第1作をリリースした2D対戦格闘ゲーム「ヴァンパイア」シリーズに新たな動きがあることが明らかになりました。



Capcom registers new Darkstalkers trademark - News - Eurogamer.net


ヨーロッパの大手ゲームサイト「Eurogamer.net」が報じたところによると、2月14日付けでカプコンが新たに「Darkstalkers」の商標を登録したそうです。

「Darkstalkers」はヴァンパイアシリーズのアジア圏以外でのシリーズ名で、昨年7月に行われた全米最大のコミックイベント「Comic-Con 2011」ではカプコンプロデューサーの小野義徳氏がモニターに表示された「Darkstalkers are Not Dead」という文字と共に、シリーズの復活を示唆する発言をしたことが話題を集めました。

また、昨年発売された「MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds」ではカプコン側のキャラクターとして、ヴァンパイアシリーズからモリガンとフェリシア、レイレイの3人が参戦しています。

ヴァンパイアシリーズでも人気の高い「モリガン」。妖艶な雰囲気をまとったサキュバスです。


狼男や赤ずきんちゃん、吸血鬼といった人外のキャラクターが派手な演出と共に画面狭しとグリグリ動き回るのがヴァンパイアシリーズの特徴。はたしてシリーズ復活は本当にあるのでしょうか。


・関連記事
逆転裁判シリーズ最新作「逆転裁判5」開発中、4年ぶりの本シリーズ最新作 | BUZZAP!(バザップ!)

待望の最新作「バイオハザード6」正式発表、トレーラー第1弾も公開 | BUZZAP!(バザップ!)

エルシャダイから独自の神話構想へ、竹安佐和記の原画展「ELの世界」に行ってきた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加