「新しいiPad」の初期ロット、ディスプレイがSamsung製の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加



いよいよ明日発売されるAppleの「新しいiPad」。

従来の4倍にあたり、フルハイビジョンを大きく上回る2048×1536の超高解像度を実現した「Retina Display」を搭載した同モデルですが、初期ロットはAppleが世界各地で特許訴訟合戦を繰り広げているSamsung製のディスプレイを搭載している可能性があることが明らかになりました。



IHS iSuppli News Flash Clarifies Views on Status of Display Suppliers for New iPad - The Display Materials & Systems portal at iSuppliR offers the latest in TV market research and trends. Our expert analysis provides the latest news in television research & statistics. To learn more, call us at 1.310.524.4007. at iSuppli

iPhoneやiPadの製造原価を調査・公開していることなどでおなじみの調査会社「iSuppli」のプレスリリースによると、同社は現在、Appleが「新しいiPad」のディスプレイ供給元として、Samsung、LGディスプレイ、シャープの3社を採用していると分析しています。

しかしiSuppliはLGディスプレイおよびシャープがディスプレイの大量生産が4月から開始され、両社のディスプレイを搭載した「新しいiPad」の出荷は2012年第2四半期になると見込んでいることから、新しいiPadの初期量産モデルはSamsung製ディスプレイを搭載したモデルになる可能性があるとしています。

ちなみにシャープは現在亀山工場で高解像度化を可能にする新技術「IGZO」を採用したTFTディスプレイの生産に取り組んでいますが、新しいiPadのフル生産に向けたディスプレイの供給量やコスト面での問題に直面しているとiSuppliは分析。同じく供給が遅れているLGディスプレイよりも苦境に立たされている可能性が浮上しています。

・関連記事
ソフトバンクが「新しいiPad」の料金プラン発表、いきなり「iPad for everybody」展開は何かの意図が? | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI版「新しいiPad」が4月以降発売と改めて報道、その生存戦略を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク版「新しいiPad」は「LTE」も「DC-HSDPA」も利用できないことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加