フィギュアでコスプレ?3Dプリントを使ってあなたの顔をしたアクションフィギュアを作成可能

このエントリーをはてなブックマークに追加



コスプレは日本のみならず世界的に流行中ですが、今度は3Dプリントの技術を使ってあなたの顔をしたアクションフィギュアを作ることができるようになりました。

Personalised Superhero Action Figures - buy at Firebox.com

これはFireboxで取り扱っている「Personalised Superhero Action Figures」というフィギュア。あなたの顔の写真を撮影して送ると、3Dプリントの技術を駆使してアメコミヒーローのフィギュア用の立体の頭部を作成してくれます。眼や髪、肌の色から髪型までリアルに再現とのこと。表情も笑顔でも睨んでいてもウィンクしていてもOK(ただし後述のように若干制限はあり)なので、リアルで自由な自分の顔を作り出せます。


現在の商品ラインナップはスーパーマン、バットマン、バットガール、ワンダーウーマン、そして悪役のジョーカーの5種類。いずれも全身可動式のアクションフィギュアとなっており、通常の頭部と付け替え可能な仕様になっています。ただし、マスクなどのアイテムやメイクは施されていないので、スーパーマン以外だと原作のヒーロー通りにはなりません。


お値段は£79.99(約10000円)とそれなりの値段はしますが、自分の顔をした世界に一つだけのフィギュアを手に入れられるので考えどころ。なお、必要となる写真は正面と横顔の2枚のみ。「髪が目や額にかからないように」「歯を見せない」「メガネはかけないこと」などいくつか指定はありますが、かなりお手軽です。

写真の細かい指示は以下リンクから。

PHOTO_INSTRUCTIONS04(英語・pdf注意)

現在はまだ5種類だけですが、今後増えてゆく可能性もあります。こうした商品が日本に上陸したら自分の顔をしたエドワード・エルリックや増長天、初音ミクやすーぱーそに子を手にすることができるようになるかもしれません。

コスプレがフィギュアになったと考えるとかなり斬新で面白い発想ですが、ほしいと思う人はどれくらいに昇るのでしょうか?

・関連記事
好きな画像から一律30ドルで世界に1つだけの枕を作れてしまうサービス「Pillow Mob」 BUZZAP!(バザップ!)

関東・東海のみで放送の「LUPIN the Third -峰不二子という女-」は全国から無料で視聴可能 BUZZAP!(バザップ!)

ついに「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」が爆音上映か、決選投票で見事1位に BUZZAP!(バザップ!)

田亀源五郎が「銀の華」アニメ化報道を否定、「ネタ」としての扱いに「心が折れそうになる」とコメント BUZZAP!(バザップ!)

セクシーを通り越してあまりに下半身が剥き出しすぎるレギンス BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加