ゲームオタクたちが愛するゲームの世界をふんだんに盛り込んで作ったミニゴルフコースがスゴイ!

このエントリーをはてなブックマークに追加



動く障害物、瞬間移動、運命の車輪。トム・スコットと仲間たちは現実世界ではあり得ないゲームそのままの要素を持ち込んで、なんとミニゴルフのコースを作ってしまいました。プロゴルファー猿もびっくりのゲームの中の世界が出現しています。

Video Game Inspired Mini Golf Course As Amazing As It Sounds Geekosystem

イギリス人のトム・スコットは自身の生誕10000日を祝うためにギークな仲間たちに声をかけ、共にこの夢の様なコースを作成。コースによっては欧米での人気ゲーム、マインクラフトポータルなどの名前が冠され、それぞれ非常にユニークな障害物コースを作り上げています。

動く障害物を避けてパット。


真空チューブにボールを吸い込ませてコースの先に進みます。


ここではWiiのヌンチャクでコースを動かしてボールを穴に入れます。


細い通路の下は暗い地底湖に。ちょっと風雲たけし城を思い出す感じ。


ボタンを押して扉を開け、ボールを打ち込みます。ロボットボイスの応答も。


それ以外にも様々な驚きのギミックや障害物がプレイヤーを待っています。絶対やってみたくなるプレイ動画は以下から。


これぞ才能の無駄遣いと言われそうですが、6月3日にイングランド中部のダービーで行われるダービーメーカーフェアへの出展も決定するなど、まだまだ話題は尽きそうにありません。

なお、このフェアの後はコースを取り壊す予定だということですが、場所とギャラを用意できる人がいればこのコースを持ってツアーすることも考えているそう。日本まで呼んでしまう強者はいませんか?

・関連記事
ファミコンロッキーになれる巨大な木製ファミコンコントローラー型テーブル BUZZAP!(バザップ!)

次世代ゲーム機「Wii U」のグラフィック機能、現行のPS3やXbox360に並ぶと証言される BUZZAP!(バザップ!)

ビリヤードの超絶テクがすごすぎて全く別の難関パズルゲームとなっている件 BUZZAP!(バザップ!)

Big Dogを制作したボストンダイナミクスの最新作、2階の窓までハイジャンプが可能なラジコン型偵察ロボット「Sand Flea」 BUZZAP!(バザップ!)

バレーボールとサッカーとトランポリンが融合するとどんなスポーツになるのか BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加