オトコ心をくすぐりまくるタイプライター製の彫刻たち

このエントリーをはてなブックマークに追加



無骨な外観のタイプライターに心惹かれ、全く使わないのにインテリアとして部屋に置いているという人に会ったことはありませんか?筆者の父親はそういうタイプでした。そんな、物としての魅力あふれるタイプライターをリサイクルし、メカメカしい人間や動物の彫刻に変えてしまうアーティスト、Jeremy Mayerの作品をご覧下さい。

Jeremy Mayer

Jeremy Mayerはカリフォルニア在住のアーティスト。「接着剤の使用や溶接、ハンダ付けなどはしない」というこだわりの元、不用品のタイプライターをリサイクルしてリアルな人間や動物の彫刻を作り上げています。彫刻は解剖学的にも正しいそうで、その存在感の強さにも大いに納得です。




























Sculptures from Spare Parts: Typewriter Assemblage - YouTube


・関連記事
宮沢賢治の詩を思い出すようなネオンで光るガラスの内蔵「アナトミカル・ネオン」 | BUZZAP!(バザップ!)

人体をキャンバスに人を描く、だまし絵のようなCHADWICK & SPECTORの「Museum Anatomy」 | BUZZAP!(バザップ!)

ニュージーランドの丘に現れた合成写真のような巨大な紙切れのオブジェ「Horizons」 | BUZZAP!(バザップ!)

その儚さが美しい、アンドレス・アマドール(Andres Amador)の巨大なサンドアート | BUZZAP!(バザップ!)

血と生肉に塗れたディミトリ・ツィカロフのグロテスクアート | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加