まさにサイコミュ?脳波で無人ヘリを操作できるシステムが中国で開発される

このエントリーをはてなブックマークに追加



ガンダムの世界ではお馴染みの、脳波でビットやファンネルを操作するサイコミュシステム。これにかなり近い画期的なシステムが開発されました。もちろんニュータイプでなくても操作可能です。

Thought-Controlled Quadrotor Developed, Future is Now Geekosystem

この技術を開発したのは中国の浙江大学の研究チーム。Emotivという299ドル(約23500円)で市販されている脳波を使ってコンピューターを操作するインターフェイスを使用して実現しました。

ついに念力で物を動かせるようになった・・・Emotiv EPOC

EmotivからコンピューターにBluetoothで信号を送り、そこからwi-fiで無人小型ヘリコプターであるクアドローターを操作するという流れになっています。「右」「左」「押す」などのコマンドを脳波で送ると、上昇、前進、回転などの操作に変換。ちょっと格闘ゲームの必殺技を彷彿とさせます。

このEmotivは脳波の他に顔の表情や筋肉の動きを読み取ることもできるため、「瞬きを続けて四回したら写真を撮る」「歯を噛み締めると下降」のような指示も可能。脳波と組み合わせるとかなりのパターンになります。

もちろん慣れて自在に動かせるようになるには訓練が必要ですがそれは自動車や飛行機も同じ。少なくともニュータイプである必要はありません。

実際に脳波でクアドローターを操作している動画は以下から。

FlyingBuddy2: Brain Controls A Quadrotor for the Handicapped (Ubicomp 2012) - YouTube


以前当サイトで紹介したサブマシンガン付きクアドローターが実用化された場合、この操作システムと組み合わせることで現実に脳波でファンネルを飛ばして敵を攻撃するという、ガンダムのサイコミュばりのシステムが実現することになりそうです。

越境する脳: ブレイン・マシン・インターフェースの最前線
ミゲル・ニコレリス
早川書房
売り上げランキング: 346179


・関連記事
リアル?フェイク?サブマシンガン搭載の物騒極まりないクアドローター BUZZAP!(バザップ!)

UFOの大群にしか見えない!暗闇に光るクアドローターのライトショーが未来過ぎる BUZZAP!(バザップ!)

Big Dogを制作したボストンダイナミクスの最新作、2階の窓までハイジャンプが可能なラジコン型偵察ロボット「Sand Flea」 BUZZAP!(バザップ!)

核実験とツーリスト、あり得たかもしれない現在を描いた写真作品「Atomic Overlook」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加