シャープの「スマートフォン用フルHD液晶」はすでに量産開始、冬モデルに搭載か

このエントリーをはてなブックマークに追加



WVGA(800×480)からQHD(960×540)、そしてHD(1280×720)へとここ1年ほどで格段に進化したスマートフォンのディスプレイ解像度。

モバイル向けディスプレイの高精細化は著しく、そう遠くないうちにフルHD液晶を搭載したモデルも出てくるのではないかと思われましたが、どうやら2012年冬モデルとしてリリースされることになりそうです。



CEATEC JAPAN 2012」のシャープブースでは、シャープのスマートフォン向けの5インチフルHD(1920×1080、443ppi)液晶の実力をチェックできます。


まずは花火。



地図



写真では表現しきれませんが、実物は思わず息を飲むような精細さです。



文字を表示させたところ。


なお、シャープの説明員によると、すでに同ディスプレイは量産中とされており、2012年冬モデルのスマートフォンに搭載されてお目見えする可能性は非常に高そうです。

・関連記事
崖っぷちに追い詰められる日本の携帯電話メーカーに生存戦略はあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

シャープが携帯電話事業を経営再建の柱に、富士通への売却回避か | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5(仮)」の液晶製造が依然難航、経営再建中のシャープに原価割れの波も | BUZZAP!(バザップ!)

W-ZERO3ユーザーの見果てぬ夢、QWERTYキーボード搭載スマートフォンまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加