「iPhone 5(仮)」の液晶製造が依然難航、経営再建中のシャープに原価割れの波も



「iPhone 5(仮)」とみられる新型iPhone向けディスプレイの製造が難航しており、このままでは生産台数に影響が出かねない状況であることを8月初頭にBUZZAPでお伝えしましたが、依然厳しい状況であることが明らかになりました。

また、問題を解決しないままディスプレイの量産に踏み切ると、現在経営状況の悪化が問題となっているシャープが原価割れの憂き目に遭うおそれがあるとされています。



シャープ<6753.T>、次期iPhone用パネルの量産出荷に遅れ=関係筋 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

ロイター通信社の報道によると、Appleが秋にも発売する新型iPhone向けの液晶パネルの供給について、シャープの量産出荷に遅れが出ていることが関係者によって明かされたそうです。

新型iPhoneに搭載される予定の「インセル式ディスプレイ(薄型化やコスト削減などにつながる、タッチセンサーを液晶に統合したディスプレイ)」は現在シャープが亀山第一工場で製造しており、8月中に出荷を開始するとしていましたが、9月にずれ込む見通し。

また、Appleからディスプレイの製造を委託されているのはシャープとジャパンディスプレイ、LGディスプレイの3社ですが、各社ともインセル式ディスプレイの歩留まり率(生産した数量の中での不良品の割合)の悪さに苦戦しており、仮にシャープが歩留まりを改善しないまま量産に踏み切った場合、原価割れを起こす可能性もあるとのこと。

ちなみに歩留まりの問題をクリアしてAppleに量産出荷が開始できているのはジャパンディスプレイ1社だけとされているため、シャープだけでなくLGディスプレイも苦戦していることが分かりますが、量産が思うように進まない場合、新型iPhoneの発売時期のずれこみや極端な品薄への懸念が現実味を帯びてくることとなりそうです。

・関連記事
「7.85インチiPad(仮)」はすでに製造開始、価格は3万円を切る見込み | BUZZAP!(バザップ!)

日本国内ではSamsungが勝訴、AppleとSamsungの特許侵害訴訟 | BUZZAP!(バザップ!)

9月21日発売とされる「iPhone 5(仮)」、ディスプレイ製造難航で品薄の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPhoneは「YouTube」をプリインストールせず、「Google Maps」に続いて | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5(仮)」は2012年秋発売でほぼ確定か、鍵となるのは「iOS 6」と「LTE」 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング