日本国内ではSamsungが勝訴、AppleとSamsungの特許侵害訴訟

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ごろApple勝訴の判決がアメリカで下されたAppleとSamsungの特許侵害訴訟について、日本国内での判決が下りました。



サムスンの特許権侵害認めず NHKニュース

NHKによると、日本国内で行われていたAppleとSamsungの特許侵害訴訟について、東京地方裁判所はSamsungによるAppleの特許権の侵害を認めず、Appleの訴えを退ける判決を言い渡したことが報じられています。

アップルの請求棄却 サムスンとの特許訴訟で東京地裁  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、今回の訴訟の対象となったのはSamsungや日本で展開するスマホやタブレット端末「Galaxy」シリーズ8機種で、国内ではNTTドコモやKDDIが販売中。

主な争点はGalaxyシリーズをパソコンに接続して音楽や画像データなどを共有できる機能が、Appleが持つ特許と同じかどうかという部分で、Appleは「共有するデータを選ぶ仕組みがAppleの特許技術と同じで、Galaxyを販売する行為は特許侵害に当たる」と主張。

Samsung側は「Appleとは別の技術を使用している」と反論した上で、「そもそもパソコンと接続して初めて使える技術で、Galaxyを販売するだけでは特許侵害に当たらない」と請求棄却を求めていたとのこと。

なお、Appleは1億円の損害賠償に加え、販売差し止めを求める仮処分を申請していましたが、いずれも棄却されたことになります。

ちなみにロイター通信社がまとめた、アメリカで行われた訴訟でのAppleとSamsungの争点はこんな感じ。デザインやユーティリティなど、各分野で争っていることが一目で分かります。

ロイター.co.jp | 特集 モバイル端末, ニュース速報,ビジネスニュース,ワールドニュース,エンタテインメント,スポーツ,テクノロジー


報道各社が速報扱いにするほどのインパクトがあった今回の判決ですが、特にiPhoneを取り扱っておらず、Galaxyシリーズを主力に据えているNTTドコモにとっては一安心、といったところでしょうか。

・関連記事
スマートフォンの世界シェアは3.7%に下落、国内メーカーが各分野でさんざんな状況に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneとGalaxyを悪魔合体させ、SIMカード4枚挿しなどに対応させた謎の携帯電話「V9100」 | BUZZAP!(バザップ!)

最後発のWindows PhoneがiPhoneを抜く見通しであることが判明、Androidは今年がピークに | BUZZAP!(バザップ!)

まさに栄枯盛衰、携帯電話メーカー各社のシェアを2001年から振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5(仮)も参戦見込みのLTEスマートフォン、すでにSamsungが6割以上のシェアを獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加