新型iPhoneは「YouTube」をプリインストールせず、「Google Maps」に続いて

このエントリーをはてなブックマークに追加



「iOS 6」の発表時にAppleが今まで採用してきた「Google Maps」ではなく、新たな地図サービスを採用する予定であることが明かされましたが、YouTubeもプリインストールされないことが明らかになりました。



米アップル、次期iPhoneで進むグーグル離れ  :日本経済新聞

米アップル、次期iOSに「ユーチューブ」アプリ搭載せず | テクノロジーニュース | Reuters

日本経済新聞社やロイター通信社の報道によると、Appleが秋にリリースを予定しており、新型iPhoneに搭載されるとみられる「iOS 6」にYouTubeがプリインストールされないことが本日明らかになったそうです。

これはAppleとGoogleの間で結ばれていたiOSにYouTubeを搭載するライセンス契約が終了したことを受けたもので、今後iOS 6を搭載した機器でYouTubeを視聴する場合はブラウザまたはGoogleが開発中のYouTube視聴アプリが必要になるとのこと。今回のAppleの施策を受けて、各社の報道ではGoogle離れが一層進むと指摘されています。

iOS 6に採用されるマップ機能。街のローカルな情報や渋滞情報をチェック可能なほか、「Siri」と統合されたナビ機能を備え、音声認識でのナビゲートが可能となるほか、都市部では飛行機から見下ろしたFlyover機能も提供されます。




3D地図はこんな感じ。


なかなか興味深い動きですが、Appleは今後YouTubeに対抗しうるような動画共有プラットフォームの提供に乗り出すつもりはあるのでしょうか……?

・関連記事
孫正義が表明したiPhone用の放射能測定デバイス、すでに「ポケットガイガー」として発売中 | BUZZAP!(バザップ!)

9月21日発売とされる「iPhone 5(仮)」、ディスプレイ製造難航で品薄の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

法人ユーザーがソフトバンク版からKDDI版iPhoneへ移動、「つながりやすさ」が理由に | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「iPhone 5」とみられる新型iPhoneの製造開始、関係者が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加