世界的な名画がもぬけの殻になったらどうなるのかを試してしまったBence Hajduの作品が話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



キリストを始め多くの人々や天使などが登場する名画たち。彼らがそこから立ち去った後にはどんな世界が残るのでしょうか?

ハンガリーのアーティスト、Bence Hajduさんはそうした名画から人間や天使などの登場人物を抜き取り、もぬけの殻にしてしまいました。

そうされてもなお、空っぽの空間からは何かが起こりそうな静謐な予感を感じられるのは名画が名画たるゆえんなのでしょうか。違いを原作とあわせてご覧ください。

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」



ジャック=ルイ・ダヴィッド「ホラティウス兄弟の誓い」



サンドロ・ボッティチェリ「受胎告知」



フラ・アンジェリコ「受胎告知」



クロード・ロラン「聖ウルスラが上陸する風景」



アンドレア・マンテーニャ「『婚礼の間』の天井画」




あなたはこの空っぽの空間からどんな物語を想像しますか?

abandoned paintings by bence hajdu

DVD美術館 世界名画BEST100 北野武が推薦する必見名画集
ハピネット (2007-03-23)
売り上げランキング: 65529



・関連記事
神々と現実の錯綜する、幻想的かつ黙示録的なKris Kuksiの彫刻がすごい BUZZAP!(バザップ!)

書物をくり抜いて創り上げられた宇宙的なスケールを誇るGuy Larameeの新しい彫刻作品群 BUZZAP!(バザップ!)

天地創造を思わせる画像編集の過程を描いたジェシー・ニューマンのスピリチュアルな映像作品「リバース・オブ・ガイア」 BUZZAP!(バザップ!)

スキンヘッドのセクシーな女性たちと「水のヅラ」のコンビネーションが超クール BUZZAP!(バザップ!)

宮沢賢治の詩を思い出すようなネオンで光るガラスの内蔵「アナトミカル・ネオン」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加